新築の家に太陽光発電を設置する5つのメリット

  • Pocket

  • 更新日: 公開日:2019年10月18日

新築の家に太陽光発電を設置する5つのメリット

新築で家を購入する際、ハウスメーカーに太陽光発電の設置も勧められ、設置するかをお悩みではありませんか?

実は、太陽光発電は新築の時に一緒に設置してしまうのが、一番楽でお得なのです。

ただ、ハウスメーカーが勧めるままに購入してしまうと、相場以上の値段になってしまう可能性があります。この記事では、新築で太陽光発電を設置するメリットや、損しないように太陽光発電を設置する方法についてご紹介します。

新築に太陽光発電を設置する5つのメリット

新築するタイミングで太陽光発電を設置するメリットには、以下のようなものがあります。

1:新築に設置する方が設置費用を安くできる

太陽光パネルは屋根に設置するため、後付けする場合には足場を組む費用などがかかります。新築工事と同時に太陽光発電の設置工事をおこなえば、足場をそのまま使うなどして工事費用を抑えることが可能です。

一般社団法人太陽光発電協会のデータによると、2018年の住宅用太陽光発電のコストの平均は、新築で32.2万円/kWに対し、既築では35.8万円/kW。

新築に設置する方が、1kWあたり約3.5万円も安かったのです。もし5kWの発電設備を設置するなら、3.5万円×5kWでおよそ17.5万円もお得に設置できます。

2:屋根の老朽化を気にしなくて済む

築年数が経っている住宅では、屋根の状態を考えて太陽光パネルを設置する必要があります。屋根というのは、紫外線や雨、雪などに毎日さらされており、年数が経つごとに表面の劣化や、内部の支えの老朽化が進みます。

最近の太陽光パネルは軽量化されてきてはいるものの、数百キロのパネルを屋根の上で支えなければなりません。

後から太陽光発電を設置しようとしたときに屋根の老朽化が進んでいれば、屋根の葺き替えや補強などの追加費用がかかることもあります。新築であれば、そういった屋根の老朽化に関して心配がいりません。

3:太陽光発電設置に最適な角度・面積・方角の屋根にできる

太陽光発電システムは、パネルの向きや角度などによって発電量が大きく変わります。新築時に太陽光発電を設置すれば、最も効率良く発電できる角度・面積・方角に合わせて屋根を設計することが可能です。

また、太陽光発電には「パワーコンディショナ」という、発電した電力を家庭で使える電力に変換する機械も必要となります。パワコンは屋外もしくは室内に設置しますが、小型のエアコンほどのサイズ感があります。

新築時なら邪魔にならない場所など考えて、パワコンの設置場所を決められるというのもメリットの一つです。屋内の配線も先行して決められるので、見た目も美しく仕上げることができます。

4:住宅ローンに組み込める

住宅用太陽光発電を導入するには、100~200万円ほどの初期費用がかかります。家太陽光発電を後付けする場合には、支払い方法は現金もしくは太陽光発電向けのソーラーローンなどを利用することとなります。

新築時に太陽光発電を導入するなら、家を建てるときの住宅ローンに太陽光発電の導入費用を組み込むことが可能です。住宅ローンによっては、ソーラーローンよりも金利が安く、長期間での借り入れも検討できます。

5:新築後からの電気代を安くできる

新築時に太陽光発電を設置すれば、新築当初から電気代を抑えることができます。また、余った電力は10年間同じ金額で売ることも可能です。

2019年度の住宅用太陽光発電の売電価格は1kWhあたり14円+税。売電価格は年々下がっているため、数年後の設置よりは新築時に設置した方が、メリットが大きい可能性があります。

新築に太陽光発電を設置して損するケース

新築時に太陽光発電を導入すると、コスト面などで大きなメリットがあることがわかりました。しかし、設置の方法や買い方によっては、損してしまうケースがあります。ここでは、設置して損をするケースについて紹介します。

ケース1|ハウスメーカーや訪問販売から購入した

大手ハウスメーカーを中心として、多くの住宅会社で太陽光発電を取り扱っています。しかし、太陽光発電販売業者に比べ、住宅メーカーでの太陽光発電の価格は高額なケースがほとんどです。

また、最も気をつけたいのは太陽光発電の訪問販売です。営業員がいきなり自宅に来たり、電話がかかってきたりして、太陽光発電を勧められ高い価格で契約させる悪質業者がいるので注意しなけれななりません。

訪問販売で「今ならモニター価格で安いですよ」などと言われても、その場で契約はせずに、一度他の業者にも見積もりをとって冷静に判断しましょう。

どのような業者から購入するにしても、必ず複数の業者から見積もりをとり、サービスや価格を比較して決めることが重要です。

ケース2|地域と太陽光発電の性能が合わなかった

新築時に太陽光発電を設置するデメリットとして、家の設計と太陽光発電の設置について、同時に考えなければなりません。時間がないからと細部までシミュレーションせずに、地域の気候に合わない太陽光パネルを選んでしまうと、想定した発電量が得られずに損することもあります。

太陽光での発電量は、日照時間はもちろんのこと、温度などにも左右されます。例えば沖縄など暑い地域ほど発電量は伸びそうですが、太陽光パネルは暑さに弱く、パネルの温度が上昇しすぎると発電量が落ちてしまうという特徴があるのです。

そのため、暑さに強い特徴をもったパネルを選ぶ必要があります。

知識のある専門業者に実際に家を見てもらい、自分の地域や家に合うパネルを慎重に選ぶようにしましょう。

日中に電気を使用しない夫婦の新築に太陽光発電は損?

最近は共働きの家庭も多く、「発電できる昼間に在宅していないから、太陽光発電は不要なのでは?」と疑問を持たれる方もいるでしょう。

たしかに、普通の家庭では朝や夜間に電気を使うことが多く、日中留守にしている間の電力消費は冷蔵庫くらいのものです。日中しか発電できない太陽光発電は、意味がないのでしょうか?

結論から言うと、太陽光発電で発電して自宅で使わず余った電力は、電力会社に買い取ってもらうことができます。固定価格買取制度によって、10年間は価格が変わらないので、安定した固定収入を得ることが可能です。

また、「蓄電池」を導入すれば、昼間発電した電力を蓄電池に貯めておいて、夜間に自宅で使うこともできます。これなら、夜の電気代を節約することが可能です。蓄電池は停電時の非常用電源としても使えるため、防災対策としても注目されています。

日中、家族が家にいない家庭でも、売電や蓄電池で初期費用を回収することは可能です。必ずしも損というわけではないので、一度、売電収入や蓄電池導入についてシミュレーションしてみるのがおすすめです。

まとめ

新築時に太陽光発電を設置すると、コストが抑えられ、発電量を最大化するように屋根の勾配などを設計できます。はじめに設置しておくことで、配線などの見た目をきれいにできるというメリットもあります。

新築時は家の設計についても同時に考えなければならないため、ついハウスメーカーや訪問販売で言われるままに太陽光発電の設置を任せてしまったというケースも見られます。しかし、安易な契約は損をしてしまうこともあるため、注意が必要です。太陽光発電での発電量は、設置状況や設置するパネルの種類によって変わります。ぜひ専門業者にしっかりシミュレーションしてもらって、あなたの家に最適な太陽光発電を導入しましょう。

太陽光発電はネット見積もりで100万円安くなる

太陽光発電はネット見積もりで100万円安くなる